3.核廃絶へのいろいろな動き

映画「ひろしま」調布での上映会が10月21日(日)に開催されます

調布で行われる映画上映と講演の集いのご紹介です。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

映画「ひろしま」は、被爆後8年が経過した広島で9万人の市民がエキストラ出演などで協力して作られたものですが、被爆のシーンがあまりにもリアルだったので、大手の映画配給会社がアメリカ政府との軋轢を恐れて興行にかけなかったものだということです。山田五十鈴、月丘夢路といった当時のトップ女優たちが出演。約50年間、倉庫で眠っていたこの映画は、助監督としてこの映画の製作に参加した人を父に持つ映画人の手によって生き返りました。
3.11後の今こそ多くの人たちに見てもらいたいということで、上映運動が進められています。
10月21日(日)の上映会は、調布の実行委員会が主催し、「高木仁三郎記念ちょうふ市民放射能測定室」が共催です。
原子力資料情報室の伴英幸さん、福島からの声として大賀あや子さんが講演し、肥田舜太郎さんのビデオメッセージもあります。
詳しくは以下のウェブサイトへ▼
http://chofu-lab.org/hiroshima/

(川崎哲)

報道:
1953年製作 映画「ひろしま」 放射能の怖さ知って
東京新聞 2012年10月8日 朝刊

関連記事

  1. 6.25「AbolitionNow!核なき世界の作り方」の報告(…
  2. キャロライン・ケネディ駐日大使、長崎訪問!
  3. スタディーツアー in広島・長崎
  4. 『静かながら熱い変革体制−ニカラグア』伊高浩昭さん寄稿
  5. 高齢の「友」願い共に@上毛新聞
  6. YMCA企画「ICAN事務局長・ベアトリスに聞いてみよう」
  7. 英国の核実験で被曝した退役軍人が補償を求めて防衛省を提訴
  8. 長崎のおりづるメンバーが、日韓クルーズ参加者の案内をしてください…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP