1.ヒバクシャ証言の航海

長崎市の高校生平和大使がタヒチへ

長崎市の高校生平和大使がタヒチへ 仏核実験被害者と交流

長崎市の市民団体「ながさき平和大集会実行委員会」は27日、核廃絶の願いを世界に伝える高校生平和大使5人をフランス領ポリネシアのタヒチ島に派遣すると発表しました。フランスによる核実験の被害者らと交流する予定。

このうち4人が同日、長崎市役所で記者会見。県立長崎西高2年の鈴木慶爾さん(18)は「タヒチの住民25万人に核廃絶の大切さをしっかり訴えたい」と抱負を述べました。

5人は来年1月23日、ピースボートで横浜を出港し、2月5日にタヒチ入り。現地の若者と交流するほか、オスカル・テマル前行政長官とも面会し、空路で同9日に帰国予定。ピースボート船内でも乗客らに活動を報告します。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト-高校生平和大使

———————————————————-
読売新聞
http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/kyoiku/20101230-OYS8T00248.htm

産経
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/101227/env1012271729000-n1.htm

西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/217945

京都新聞
http://www.京都新聞.jp/international/article/20101227000094

関連記事

  1. 第5回「証言の航海」参加被爆者オリエンテーションと“望年会”@長…
  2. テルアビブでイスラエルの国会議員らとラウンドテーブルを行いました…
  3. 「新安保法案に一言 国民目覚める好機」過去乗船者:宮田隆さん
  4. 第9回おりづるプロジェクトー田河豊子さん
  5. 船内企画報告『原爆ってなぁに?』『証言報告会 inアジア』
  6. サーロー・節子さん、国連本部で証言
  7. 国連事務総長、核兵器禁止条約に言及
  8. あっという間の船内生活

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP