3.核廃絶へのいろいろな動き

ブックレット「核のない世界へ 今できること」が完成!

核問題の基本から世界の今の動きまでをカバーしたブックレット「核のない世界へ 今できること」が完成しました!

$    ピースボートのおりづるプロジェクト-ブックレット表紙

オバマ米大統領が「核なき世界を目指す」という演説をしたり、アメリカとロシアがお互いの戦略核を1550発にまで減らすと約束した「新START」条約が結ばれたり、菅総理が昨年の8月6日に広島で被爆の実相を世界に伝えるため被爆者を「非核特使」に委嘱することを発表したり(1月24日の施政方針演説でも改めて触れられました。)、「核」に関するさまざまな動きが日本国内で、そして世界で繰り広げられています。

なぜなのでしょうか?それは、広島・長崎に原爆が投下されてから今年で66年を迎えますが、核の被害は決して過去の話ではないからです。そこで、なぜ今核なのか、現在核兵器はどれくらい存在するのか、核実験やウラン採掘で被爆しているグローバル・ヒバクシャとは誰なのか、という疑問に答えるブックレット「核のない世界へ 今できること」(冊子)が完成しました。
ピースボートのおりづるプロジェクトもわかりやすく紹介してありますし、「自分にもできること」も提案しています。核問題の基本教育教材として是非ご活用ください。(頒価 100円)

データ版のダウンロードはこちらへ:http://www.peaceboat.org/info/hibakusha/
冊子をお求めの場合はピースボート事務局(担当:渡辺)まで:03-3363-7561

(渡辺里香)

関連記事

  1. 「被爆証言」を教材に非核へ
  2. マイケル・ダグラス氏 核軍縮へのメッセージ
  3. スペインでの巨大オリヅルストーリー
  4. 外務省のウェブサイトに被爆証言、各国語で
  5. PBインターンとして、おりづるプロジェクトに関わって
  6. ついに、核兵器禁止条約の発効が決まりました!
  7. タヒチとマーシャル、広島、そして福島:太平洋ピースフォーラム
  8. タピる?映える?核廃絶する?~2020年、オリンピックと一緒に被…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP