3.核廃絶へのいろいろな動き

ピースボート広島宣伝隊からの報告④

広島からの報告です!

さて、広島滞在の5日目になりました。
今日、8月7日は第3回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の広島での第1回目の報告会です。

午前中という時間帯にもかかわらず、20名の参加を得て開かれた今回の報告会では、
はじめピースボートの上泰歩から第3回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」がどのような
航路をたどり、どのような活動を行ったかについての簡単な説明がありました。
その後、このクルーズに参加したヒバクシャ8名を代表して3名の方が感想を述べました。
最初に話された盆子原さんは、クルーズの中で行われた平和市長会議について評価する一方、
在外被爆者への十分な補償がされていない現実を訴えました。
ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海-盆子原さん


体験談をお話しされる盆子原さん

次に塚本さんは、昨日(8月6日)の平和式典への参列とその後訪れた資料館においてご自身
のお父様がどのような状況で亡くなられたかを初めて知った衝撃をお話しされました。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海-塚本さん


体験談をお話しされる塚本さん

最後に被爆2世として乗船された中谷さんは、「2世」という立場での証言活動の難しさ、に
ついて触れながらも、今後の活動への意欲を示されました。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海-中谷さん


体験談をお話しされる中谷さん

報告会後にもたれた昼食の席では、69回クルーズに参加していた参加者も集まり、2週間ぶり
の同窓会といったアットホームな雰囲気でした。
今日の報告会をもって第3回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」は、その幕を下ろしました。
しかし、今後ヒバクシャとして乗船された8名の方や同じクルーズに乗り合わせた参加者、その
一人ひとりが全国各地・世界各地に散り、その場所でその人なりの活動が続けられていくことと
思います。きっと、旅はこれからも続いていきます。

さらに、今回ご都合がつかず報告会に参加できなかった方に朗報です!!
9月10日(東京)、11日(広島)、12日(長崎)において、報告会が行われます。
詳細などは、本ブログで順次ご案内していきますので、是非今から予定を空けておいてください。

(奥村早苗)

関連記事

  1. 西オーストラリア非核連合の集会
  2. 【イベント】9月24日 核なき世界へ向けて-被爆国の役割を考える…
  3. 長崎のおりづるメンバーが、日韓クルーズ参加者の案内をしてください…
  4. 核兵器禁止条約「発効」で世界はどう動く?日本はどうする?
  5. せいじと核廃絶とわたし ~ひとりひとりに変える力があるということ…
  6. ピースボートおりづるセミナー『いま世界へ語る「核の被害」』@広島…
  7. ムクウェゲ医師「無関心こそが重大な脅威」
  8. 松山の被爆者・松浦さん、福島の被災者と共に「原発のない社会」訴え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP