1.ヒバクシャ証言の航海

トルコ・イズミルのエゲ大学を訪問

3月21日(月)、本船はトルコのクシャダスに寄港しました。ここから、イズミル市のエゲ大学に向かい、同大学で証言を行いました。そのときのレポートです。

————————————————————–
3月21日、トルコのクシャダスに寄港、一行はバスで約1時間、大学生との交流のためイズミル市に向かった。イズミル市はイスタンブール、首都アンカラに次いで三番目に人口の多い(300万人)大都市である。エゲ大学(学生数4万人)を訪問、国際関係学部副学部長のヒュルソイ博士の案内で学生約100人が待つ交流会場へ。

末永浩さんが被爆体験を語り、米軍の飛行機が撮影した被爆前後の長崎の写真を示して、現在の核兵器の破壊力は強大なので、一発の核兵器でイズミール市が「ヒロシマ・ナガサキ」になると訴えた。

学生からは、日本が将来核兵器を保有することはないのか、今回の地震と津波による原発事故について被爆者としてどう思うかなどの質問があった。これに対し、日本は非核三原則(核兵器を持たない、作らない、持ち込ませない)があるので決して核保有国になることはない、また日本国憲法は第9条で戦争放棄を宣言していると説明した。

原発については、日本は石油、石炭などの天然資源が少ないので経済の発展のためにエネルギーを原発に依存してきたこと、政府は日本の原発はクリーンで安全だと主張してきたが、今回の事故で安全神話が崩壊したと答えた。これまでのヨーロッパの寄港地と同様に原発事故への関心の高さを感じさせるとともに、日本が原発から生じた余剰プルトニウムを数十トン(核兵器6千発分)も保有していることに対する懸念も伺わせた。

    ピースボートのおりづるプロジェクト-エゲ大学にて
長崎の被爆者・末永浩さんが被爆体験を語った

そのほか、日本の若者の核問題への関心についての質問もあった。これに対し、クシャダスからバスを乗り継いで大学の会場に駆けつけた「おりづるパートナー」の若者3人が、「日本でも広島、長崎以外の若者は核問題に関心が薄いかもしれないが、ピースボートに乗船した若者は、被爆者の体験を聞いたり学習会に参加して、核兵器の問題が自分たちの世代にも関係があることがわかったし、できることから行動したい」と答え、トルコの学生に大きな感動を与えた。

    ピースボートのおりづるプロジェクト-エゲ大学生ら

(長崎被爆者・田崎昇)
—————————————————————-

関連記事

  1. 京都産業大学 パートⅡ
  2. 73年前のあの日、二人の少女に刻まれた記憶。@船内企画
  3. 第99回クルーズの帰港後、記者会見を行いました!@横浜
  4. チェルノブイリ原発とその周辺を訪問しました
  5. ノーベル平和賞へ敬意を込めて@アイスランド
  6. 朝日新聞連載「証言の航海」第1弾!
  7. パース2日目 ノートルダム大学での交流会&シンポジウム
  8. ピースガイド養成講座説明会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP