3.核廃絶へのいろいろな動き

外務省のウェブサイトに被爆証言、各国語で

本日の平和記念式典で菅首相も触れましたが、被爆証言を各国語に翻訳する取り組みが始まっています。外務省のホームページをご覧ください!

http://www.mofa.go.jp/policy/un/disarmament/arms/testimony_of_hibakusha/index.html

おりづるプロジェクトでは、証言普及活動をしながら、各国語への翻訳の必要性を訴えてきました。また、昨年の8月にパンギムン国連事務総長が広島・長崎を訪れた際も「世界の各国語に証言を翻訳しよう」という表明をしました。このような流れを受けて、政府も動き出したようです。私たちの活動の成果が目に見えるようで嬉しいですね。

(シュミットひろこ)

関連記事

  1. 2012年後期おりづるインターン募集☆
  2. タヒチとマーシャル、広島、そして福島:太平洋ピースフォーラム
  3. ヒバクシャの声を聞く‐ ヒロシマ・ナガサキ75年 第1回:サー…
  4. エリカ・バニャレロ監督、コスタリカ新聞にて掲載
  5. イベント報告「2019年、核兵器をなくすためにあなたができること…
  6. ニューヨークで潘基文国連事務総長に面会!
  7. オーストラリアでの8月6日
  8. 12月13日「核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)日本」総会が行わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP