3.核廃絶へのいろいろな動き

ニューヨークで『ヒバクシャ・ストーリーズ』始まりました!

    ピースボートのおりづるプロジェクト

アメリカ・ニューヨークで、広島・長崎の被爆者が市民、国連関係者、高校生などに証言をし、そこから「二度と原爆が使用されない、核のない世界を築くアクションにつながるように」との願いで行われている『ヒバクシャ・ストーリーズ(http://www.hibakushastories.org)』。12月3日、2011年12月プロジェクトが始まりました。
    ピースボートのおりづるプロジェクト
プロジェクトの趣旨を説明するキャスリン・サリバン

このプロジェクトは、ニューヨーク在住の国連軍縮教育アドバイザーでもあるキャスリン・サリバンさんが中心になって進めており、ピースボートの呼びかけと現地のユース・アーツ・ニューヨーク(Youth Arts New York)の協力で始まりました。今までに50校以上で6000人以上の高校生に証言を届けています。

今回は、第4回おりづるプロジェクトの被爆二世・阪口博子さんが日本から、第1回おりづるのサーロー節子さんがカナダから、山下やすあきさんがメキシコから参加されています。
    ピースボートのおりづるプロジェクト
被爆者健康手帳と保険証を見せる山下さん

国連の職員、インターン、高校生の前で証言をしています。
    ピースボートのおりづるプロジェクト
    ピースボートのおりづるプロジェクト
国連職員への証言会

    ピースボートのおりづるプロジェクト
    ピースボートのおりづるプロジェクト
    ピースボートのおりづるプロジェクト
国連インターンへの証言会

    ピースボートのおりづるプロジェクト
コロンビア・セカンダリー・スクールでは250人以上の生徒と先生が集まりました

    ピースボートのおりづるプロジェクト
    ピースボートのおりづるプロジェクト
生徒からも活発な質問が出ました

2011年5月のプログラム報告はこちら

(渡辺里香)

関連記事

  1. ユース非核特使フォーラム
  2. 被爆者の声をうけつぐ映画祭に参加しました。
  3. 2月8日(日)「核兵器の廃絶に立ち向かう ~国際人道法の挑戦~」…
  4. おりづる新年会2021
  5. 【イベント告知】1月8日19時~@東京、『戦争の記憶を語り継ぐに…
  6. 英国の核実験で被曝した退役軍人が補償を求めて防衛省を提訴
  7. 第3回おりづる被爆者とパートナーのみなさんが大集合
  8. 日本被団協、被災者の健康対策を求め政府・東電に要請

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP