3.核廃絶へのいろいろな動き

第3回証言の航海参加 ブラジルの盆子原さんが朝日新聞に!

2010年4月から、101日間かけて世界を廻った第3回のおりづるプロジェクトに乗船された盆子原国彦(ぼんこはらくにひこ)さんの記事が朝日新聞に掲載されておりますので紹介します。

盆子原さんは、広島で5歳の時に被爆され、小学4年で肺病などを患いながらも20歳でブラジルに渡り、南米に住む在外被爆者のサポートをするボランティアや、証言の活動を行ってきました。

記事では、ご自身の体験や福島の原発事故を受けての想いを語られています。

▼海渡っても逃れぬ汚染「許せない」 ヒバク地球の裏にも(2010年8月4日 朝日新聞))
$    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン 蓮沼)

関連記事

  1. キャスリン・サリバンさんを来年1月に日本へ!-クラウド・ファンデ…
  2. ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会
  3. ヒバクシャ映画、著名人からのコメント!
  4. 【イベント案内】ビキニ事件から61年、「視野の外」に置かれてきた…
  5. 8月7日、ナガサキへ
  6. 6月2日はNuclear Abolition Day☆
  7. PBインターンとして、おりづるプロジェクトに関わって
  8. ヒバクシャの声を聞くーヒロシマ・ナガサキ75年 第3回:森田隆さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP