3.核廃絶へのいろいろな動き

第3回証言の航海参加 ブラジルの盆子原さんが朝日新聞に!

2010年4月から、101日間かけて世界を廻った第3回のおりづるプロジェクトに乗船された盆子原国彦(ぼんこはらくにひこ)さんの記事が朝日新聞に掲載されておりますので紹介します。

盆子原さんは、広島で5歳の時に被爆され、小学4年で肺病などを患いながらも20歳でブラジルに渡り、南米に住む在外被爆者のサポートをするボランティアや、証言の活動を行ってきました。

記事では、ご自身の体験や福島の原発事故を受けての想いを語られています。

▼海渡っても逃れぬ汚染「許せない」 ヒバク地球の裏にも(2010年8月4日 朝日新聞))
$    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン 蓮沼)

関連記事

  1. 11月7日、ピースボートが長崎に寄港しました!【ツアー編】
  2. ~地球一周して改めて出会う~ヒロシマ・ナガサキスタディーツアー②…
  3. 核兵器廃絶のガイドブック的アート本発売!
  4. グローバルゼロ ワールドサミットに元スタッフが参加
  5. ブラジルコミュニティーに伝わるヒバクシャの声
  6. 原爆資料館オンラインツアー 世界各地から、6000人以上が視聴し…
  7. 外務省のウェブサイトに被爆証言、各国語で
  8. イベント報告『PEACE TALK〜日本からつなぐ”平和”〜』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP