1.ヒバクシャ証言の航海

おりづるユース特使・福岡奈織さんが中国新聞で紹介されました!

2014年3月11日の中国新聞で、被爆者と「証言の航海」に出る広島大学の3年生、おりづるユース特使の福岡奈織さんが紹介されました。現在、船内でも様々な企画を行っています。

紙面で、福岡さんは「原爆投下は歴史上の出来事ではなく、生きた人間の経験だと伝える手伝いをしたい。」と話します。福岡さんの祖父が広島で被爆し、被爆3世である彼女は「被爆者の証言を聞ける最後の世代。伝えなければ。」また、「被爆者だけでも、若者だけでもできない、これからのヒロシマの継承の形がきっと見つかる。」と話します。


中国新聞 2014年3月11日

おりづるインターン 茂木里穂

関連記事

  1. 森喜代子さん*トンネルレポート
  2. 国連代表団、ニューヨークで活動開始
  3. ギリシャ・ピレウスで平和文化交流
  4. 船内の様子/美咲さんの日記から
  5. 高校生平和大使 タヒチから帰国、そして声明は国連へ
  6. 水先案内人:笹森恵子さんとキャスリン・サリバンさん
  7. 子どもたちの歌声と共に響くピアノとバイオリン2019.8.16@…
  8. 第2回おりづるプロジェクトが帰航。記者会見を行いました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP