2008年_第1回ヒバクシャ地球一周(第63回ピースボート)

サーロー・節子さん、「谷本清平和賞」を受賞

嬉しいお知らせが続きます。
この度、第一回おりづるプロジェクトにご参加くださった、カナダ在住のサーロー・節子さん(82歳 13歳のとき広島市内で被爆)が、海外での証言活動を評価され名誉ある「谷本清平和賞(ヒロシマ・ピース・センター)」を受賞されました。

在外被爆者として初の受賞です。「原爆の悲惨さだけを伝えるのではなく、被爆者がどう命の意味を見いだし、強く生きたきたかを世界に発信しなくければならない」と語っていらっしゃるのが印象的です。

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. ヒバクシャから国連事務総長への手紙
  2. 行政から学校まで充実の交流となったギリシャ訪問
  3. 8月6日の蒼い月~爆心地1.6kmの被爆少女が世界に伝えたいこと…
  4. チェルノブイリ特別プログラム、始まります!
  5. 8月6日 高知新聞にてユースの浜田あゆみさんが紹介されています!…
  6. サーロー節子さんがピースボートセンターとうきょうへ!
  7. 喜多村隆昭さんがギリシャのピレウスで市長と面会、アテネでは記者会…
  8. 橋爪文さん『新版 少女・14歳の原爆体験記』の紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP