2008年_第1回ヒバクシャ地球一周(第63回ピースボート)

サーロー・節子さん、「谷本清平和賞」を受賞

嬉しいお知らせが続きます。
この度、第一回おりづるプロジェクトにご参加くださった、カナダ在住のサーロー・節子さん(82歳 13歳のとき広島市内で被爆)が、海外での証言活動を評価され名誉ある「谷本清平和賞(ヒロシマ・ピース・センター)」を受賞されました。

在外被爆者として初の受賞です。「原爆の悲惨さだけを伝えるのではなく、被爆者がどう命の意味を見いだし、強く生きたきたかを世界に発信しなくければならない」と語っていらっしゃるのが印象的です。

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. 原発の国民投票を前に、イタリア・バーリで記者会見を行いました
  2. いざ、国連へ@ニューヨークPart.1
  3. 第9回おりづるプロジェクトー深堀譲治さん
  4. プロジェクトを支える人たち
  5. 国際核廃絶デー:ゴールは23,300点!スポーツイベント
  6. 長崎オリエンテーション
  7. パナマのバスガイドさんの熱い演説と、心の交流 in パナマシティ…
  8. 4月26日、被爆者2名が船よりニューヨークへ出発!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP