3.核廃絶へのいろいろな動き

【イベント案内】ビキニ事件から61年、「視野の外」に置かれてきた人びと

こんにちは。
明日行われるイベントのご紹介です!
米国が1954年3~5月、太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁で行った水爆実験で、多くの船や現地住民らが被曝した事件から61年が経とうとしています。
お時間のある方は是非こちらに足を運んでみてください。

イベント詳細はこちら

【PRIME共催国際シンポジウム】『ビキニ事件』61年~今みつめる 核被害の拡がり~

【日時】2015年2月21日(土)10:20~17:30(開場10:00)

【会場】:明治学院大学白金校舎 本館10階大会議場 (アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/)

【使用言語】:日本語(マーシャル諸島の方は、英語あるいはマーシャル語を使います。英語→日本語の同時通訳があります。)

【参加費】:無料・事前申し込み不要

日本で「被爆者」と聞くと、広島・長崎が思い浮かびますよね。
でも実は世界中に被爆者はいるのです。
核をつくり出す過程でも被害者は生まれ、世界でこれまで2050回も行われている核実験では数々の事故が起こり、それによって被爆者の数もさらに増えています。

こちらは「グローバル・ヒバクシャ」として、ピースボートおりづるプロジェクトに参加、
実際に船に乗り、タヒチの核実験についての講演をなどをして下っさている、ガブリエル・テティアラヒさん。


ガブリエルさん(通称ガビさん
)の講演の様子はこちら


ぜひこの機会に世界の被爆者の方々にも目を向けてみましょう。

(ピースボート・インターン, エバンズ 亜莉沙)

関連記事

  1. 【報告】原爆展示・講演会活動 計屋さんinタイ
  2. 英国の核実験で被曝した退役軍人が補償を求めて防衛省を提訴
  3. もうすぐ8月。みんなで広島・長崎に行こう!
  4. 被爆者が語り始めるまで-ヒロシマ・ナガサキの絆
  5. 大学生、被爆者の経験と家族の状況を聞く
  6. 原発大国フランスで脱原発の動き
  7. リオの平和の祭典で・・・
  8. 「はだしのゲンが見たヒロシマ」自主上映会 @横浜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP