1.ヒバクシャ証言の航海

スティーブン・リーパーさん主催 アートワークショップのご紹介!

皆さんこんにちは!

先日、広島でのおりづるセミナーでも講演して頂いた、そして来月出航するピースボート第87回クルーズにも水先案内人として乗船される、スティーブン・リーパーさん。
そんな彼が、今月28日から来月4日にかけた8日間、広島・長崎にて平和を考えるアートワークショップを主催されます。

企画団体:ピカドンプロジェクト/ピースカルチャービレッジ

このイベントでは選抜されたユース(アメリカから6名、長崎、広島を中心とした日本国内から12名)が長崎と広島を訪れ、原爆の歴史を学び、被爆の歴史とその記憶の意味を心に刻むとともに、プロのアーティストと共にアート、映像、写真などの作品を制作し、世界へ発信していきます。

なんだか今回のおりづるプロジェクト参加者の皆さんの活動に似ていますね!

ヒロシマ・ナガサキ原爆投下から70年となる今年、忘れてしまっていかれてはならない多くの人のこの”想い”を未来へ繋げていくため、誰にでもとても身近なアートという手段を利用することにより、若い人達にも原発や平和に興味や関心をもってもらえるきっかけになるのではないでしょうか。

様々な形のユニークなアート表現を通すことで、いままでされることのなかった見方や希望も見えてくるんではないかと思います。

”アート”も”平和”もわたしたち自身がこの手でつくっていくものです。それってなんだか考えるとワクワクすることだと思いませんか? もちろん大きな責任や不安はあるし、「そんな楽しいことでも、簡単なことでもない」とほとんどの人が思うことでしょう。
ですが実際に私達はいま少しずつではありますが、この”核のない平和な世界”に向けて活動し、進んでいます。きっかけがきっかけを生み、これから先の未来を背負う若者が皆前向きに希望をもって進んでいってくれたのなら、”想い”は着実に未来に伝わっていくことでしょう。

(ピースボートインターン,エバンズ亜莉沙)

関連記事

  1. 長崎オリエンテーション
  2. 田上長崎市長と面会した様子が報道されました。
  3. おりづるプロジェクト2018活動報告会 ~ICANノーベル平和賞…
  4. 【本船より】国際平和映像祭ピースボート賞受賞者、「証言の航海」同…
  5. 国際核廃絶デー:ゴールは23,300点!スポーツイベント
  6. 非核特使委嘱式と出航前記者会見
  7. あなたならどう伝える?被爆者とユースで作る証言会
  8. 若者向けから正統派証言まで、さまざまな船内企画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP