1.ヒバクシャ証言の航海

朝日新聞連載「証言の航海」第二弾★

みなさん、こんにちは。

船が出航し早くも2週間が経ちましたね。現在船は順調に次の寄港地であるインドへ向かっています。

さて、そんな中日本では、第二弾となる朝日新聞「証言の航海」シリーズが22日の水曜日に掲載されました!
今回の筆者はおりづる参加被爆者の一人、伊藤正雄さん。航海4日目に船内で行われたおりづるメンバー紹介の様子など、船からの直接の声が記事になっています。

記事の最後に伊藤さんは、「この平和な時代を引き継ぎ、絶対に戦争を起こさないで下さい。核兵器のない時代を築いて下さい」と世界の子どもたちやその両親に語りかけていきたいと話しました。

自己紹介では、400名も集まって下さった幅広く多くの方々に親近感を持って頂くため、「被爆者」や「ユース非核特使」としてではなく、「一人の人間」として各々を紹介したそうです。

人間一人一人様々なストーリー、背景がありますよね。ですが実は共通点も多く、家族や友達を失いたくないという想い、平和な世の中になってほしいという想いは誰もがもっているものだと思います。
そんな共通点を世界中の人々と交流する中で見つけていき、想いを形にしていくこと、それがおりづるプロジェクトだと、この記事を読み改めて感じました。

さぁ、次回の「証言の航海」には誰が登場するのでしょうか。みなさんお楽しみに!

(ピースボート・インターン エバンズ亜莉沙)

関連記事

  1. 第99回クルーズ企画@船内企画
  2. 第9回おりづるプロジェクトー深堀譲治さん
  3. 「平和の使者の町」とペルー日系人協会での交流
  4. 8月6日の蒼い月~爆心地1.6kmの被爆少女が世界に伝えたいこと…
  5. 原発事故直後のイタリア・ナポリでの証言会のレポートが届きました。…
  6. 11/14 八千代から世界へ 世界から八千代へ つながる平和の願…
  7. 広島の被爆者:伊方原発の差し止めを求める
  8. 【報告】第6回「証言の航海」船内生活①「世代を超えた和解」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP