1.ヒバクシャ証言の航海

南方留学生の被爆を継承する新見博三さん@中国新聞

11/14の中国新聞に、第2回のおりづるプロジェクトの参加者である新見博三さんが「南方留学生の被爆 継承」の活動で広島大学から表彰されたという記事が出ていました。

南方特別留学生とは、戦時中に東南アジアの優秀な学生らが国費で留学生として来日していた制度で、第7回のおりづるプロジェクトでは、そのような留学生の一人で広島で被爆し後にブルネイの初代首相になったペンギラン・ユスフ氏を訪ねました。現広島大学には多くの南方留学生がいたということです。

今回表彰された新見さんは、「平和とは何か、若者が考えるきっかけになる活動を続けたい」と話していらっしゃいます。

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. 【寄港地報告】ベトナム(ダナン)‐共通の基盤を探し、平和な未来へ…
  2. ヒバクシャ、国連で大きな存在感
  3. 松井一実広島市長との面会+記者会見
  4. ギリシャ〜市民が国政に訴える〜
  5. 喜多村隆昭さんがギリシャのピレウスで市長と面会、アテネでは記者会…
  6. 田上長崎市長と面会した様子が報道されました。
  7. イスラエルでの活動を終え、エジプト入りしました
  8. 第5回おりづるプロジェクト記者会見@長崎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP