1.ヒバクシャ証言の航海

南方留学生の被爆を継承する新見博三さん@中国新聞

11/14の中国新聞に、第2回のおりづるプロジェクトの参加者である新見博三さんが「南方留学生の被爆 継承」の活動で広島大学から表彰されたという記事が出ていました。

南方特別留学生とは、戦時中に東南アジアの優秀な学生らが国費で留学生として来日していた制度で、第7回のおりづるプロジェクトでは、そのような留学生の一人で広島で被爆し後にブルネイの初代首相になったペンギラン・ユスフ氏を訪ねました。現広島大学には多くの南方留学生がいたということです。

今回表彰された新見さんは、「平和とは何か、若者が考えるきっかけになる活動を続けたい」と話していらっしゃいます。

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. 2012年8月の広島・長崎を振り返って②
  2. 9月17日、18日 エルサルバドルでの証言会
  3. 長崎で被爆者から学んで継承したい 鈴木さん@毎日新聞
  4. 国際平和の日、エジプト・カイロで「マスターピース」との共催で証言…
  5. 第7回「証言の航海」を終えて
  6. エルサレム「嘆きの壁」で核廃絶を祈りました
  7. 8月17日にはトルコのイズミルで証言会が行われます
  8. 船からの第一報: 高校生平和大使が船内で企画を行いました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP