おりづるユース

被爆者になるのはいつも誰かの大事な人

皆さん、こんにちは。

ピースボートの野口香澄です。

 

現在航海中のおりづるプロジェクト2018に参加しているおりづるユースの安藤真子さんは昨年のおりづるプロジェクト〜オーストラリア特別編〜にもおりづるユースとして参加しています。

 

そのときを振り返り、寄稿を書いてくれました。

20代の若者が被爆者と出会って、一緒に旅をして何を思い、感じたのかが書かれています。

 

【寄稿】被爆者になるのはいつも誰かの大事な人(おりづるユース:安藤真子さん)

http://peaceboat.org/24424.html

 

ぜひ、ご一読ください。

 

ピースボート 野口香澄

 

 

関連記事

  1. U-Brainsのみなさんから・・・ヒバクシャ地球一周 証言の航…
  2. 長崎で被爆者から学んで継承したい 鈴木さん@毎日新聞
  3. おりづるスタディツアー♪橋爪文子さんを訪ねて
  4. 被爆クスノキが眺めている長崎
  5. 70年前、トンネルで何があった?~三菱兵器住吉トンネル工場(跡)…
  6. 73年前の8月6日、私の大好きな人たちが被爆者になった。
  7. 広島県の高校生に朗報です!
  8. 長崎で被爆者から学んで継承したい 鈴木さん@毎日新聞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP