3.核廃絶へのいろいろな動き

おりづる新年会2020

ピースボートスタッフの松村真澄です。
2月21日から25日にかけて、川崎とともに、今年最初の広島・長崎訪問を行いました。

 

その中で、おりづる新年会も開催することができました。
広島(2/21)では10名、長崎(2/24)では17名が参加されました。「あれから(下船後)も証言を続けている」「新しいことに挑戦している」「またおりづるプロジェクトに参加したい」など、お酒・お料理を交え、近況報告や意気込みなどが共有されました。また、新しいアクションとして、被爆者と若者が一緒になって、核兵器禁止条約を批准するように直接政府に働きかける、というアイディアも盛り上がりました。被爆75年、廃絶に向けての大きなステップにしたいという、皆さんの熱意を感じました。

ピースボート 松村真澄

関連記事

  1. 菅首相が「非核特使」と懇談
  2. 2月8日(日)「核兵器の廃絶に立ち向かう ~国際人道法の挑戦~」…
  3. ヒバクシャの声を聞くーヒロシマ・ナガサキ75年 第3回:森田隆さ…
  4. 長崎大学核兵器廃絶研究センター「ナガサキ・ユース代表団」参加者募…
  5. 【報告】8月9日(金)長崎平和祈念式典
  6. 朗読劇「夏の雲は忘れない」を観て
  7. メキシコでの国際核廃絶デーイベント
  8. 三宅信雄さん:映画監督のインタビューに答える
PAGE TOP