3.核廃絶へのいろいろな動き

問われる被爆地・被ばく国の役割-3・11原発事故を受けて

国際シンポジウム『問われる被爆地・被ばく国の役割-3・11原発事故を受けて』が広島市で行われます。

3.11原発事故は私たちに核エネルギーの軍事利用だけでなく民生利用にも深刻な危険があることを突きつけました。
シンポジウムでは、被爆地がこれまで態度を明確にしてこなかった民生利用における問題に対し、問われる被爆地、被ばく国の役割とは何かを考え、福島の現状を踏まえて核エネルギー利用の危険性にどう対処すべきか多角的に議論します。

講演者として、
ドイツのレイチェル・カーソン・センター特別研究員のフランク・ユケッターさん、
米国の反核団体トライバリー・ケアーズ代表のマリリア・ケリーさん、
九州大学副学長で福島第一原発での事故調査・検証委員会委員の吉岡斉さん、
福島県の医師で原爆訴訟に数多く関わる斉藤紀さんがご登壇されます。

また第1回のおりづるプロジェクトに参加された田中稔子(たなかとしこ)さんも報告者としてご登壇されます。

日時:11月19日(土)
会場:広島国際会議場 地下2階 ヒマワリ
主催:広島市立大学・中国新聞社

▼『問われる被爆地・被ばく国の役割-3・11原発事故を受けて』
$    ピースボートのおりづるプロジェクト
$    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン蓮沼)

関連記事

  1. メキシコ在住被爆者山下泰昭さん 出身地長崎で初めて半生を語る
  2. 【報告】中村紘さん&福島子どもプロジェクト
  3. 「核兵器禁止条約」発効を前に 被爆者が日本政府に参加求めました
  4. 「この思いを聞いてほしい!10代のメッセージ」(岩波ジュニア新書…
  5. 式典開始しました!
  6. ルポルタージュ作家・鎌田慧さんよりヒバクシャ映画へのメッセージ!…
  7. 太平洋核実験・被ばく船員を追って
  8. 【紹介】「スティーブン・リーパーさんに聞く」朝日新聞(2013年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP