3.核廃絶へのいろいろな動き

問われる被爆地・被ばく国の役割-3・11原発事故を受けて

国際シンポジウム『問われる被爆地・被ばく国の役割-3・11原発事故を受けて』が広島市で行われます。

3.11原発事故は私たちに核エネルギーの軍事利用だけでなく民生利用にも深刻な危険があることを突きつけました。
シンポジウムでは、被爆地がこれまで態度を明確にしてこなかった民生利用における問題に対し、問われる被爆地、被ばく国の役割とは何かを考え、福島の現状を踏まえて核エネルギー利用の危険性にどう対処すべきか多角的に議論します。

講演者として、
ドイツのレイチェル・カーソン・センター特別研究員のフランク・ユケッターさん、
米国の反核団体トライバリー・ケアーズ代表のマリリア・ケリーさん、
九州大学副学長で福島第一原発での事故調査・検証委員会委員の吉岡斉さん、
福島県の医師で原爆訴訟に数多く関わる斉藤紀さんがご登壇されます。

また第1回のおりづるプロジェクトに参加された田中稔子(たなかとしこ)さんも報告者としてご登壇されます。

日時:11月19日(土)
会場:広島国際会議場 地下2階 ヒマワリ
主催:広島市立大学・中国新聞社

▼『問われる被爆地・被ばく国の役割-3・11原発事故を受けて』
$    ピースボートのおりづるプロジェクト
$    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン蓮沼)

関連記事

  1. 広島へのスタディツアー開催!!
  2. ブラジルコミュニティーに伝わるヒバクシャの声
  3. 8/9「被爆70年 ナガサキから未来へ」の記者会見のご報告
  4. 1月26日中部大学でおりづるプロジェクトの紹介をさせて頂きました…
  5. メキシコで被爆者・高校生と証言活動を行いました
  6. 橋爪文子さん NHKラジオの「深夜便」で語る
  7. 8月9日長崎 折り鶴の意味、一人ひとりができる平和構築
  8. 川崎哲、ティルマン・ラフ氏の論評が各紙に取り上げられました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP