3.核廃絶へのいろいろな動き

松山の被爆者・松浦さん、福島の被災者と共に「原発のない社会」訴える(伊方原発訴訟)

ピースボートのおりづるプロジェクトの一環で2011年5月にギリシャを訪れ証言活動を行った松浦秀人さん(愛媛県原爆被害者の会・事務局長)から最新の活動報告が届きました。9月25日に開かれた伊方原発運転差し止め訴訟の第2回口頭弁論で、松浦さんは福島の被災者と共に証言台に立ち、広島で胎内被爆した被爆者としての立場から、「原爆と原発は双子の兄弟」と指摘し「原発のない社会」を訴えたとのことです。関連新聞記事を以下に紹介します。(川崎哲)

伊方原発運転差し止め訴訟:「原発のない社会」訴える 県内被災者ら、事故の悲惨さ説明--第2回口頭弁論
毎日新聞(愛媛) 2012年09月26日

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

関連記事

  1. 問われる被爆地・被ばく国の役割-3・11原発事故を受けて
  2. 【報告】5月11日 川崎哲トークイベント@広島
  3. ヒバクシャ松浦秀人さん、原発問題で四国電力に申入れ
  4. 【報告】ノルウェーでも証言活動
  5. 講演会のお知らせーヒバクシャの思いを繋ぐー
  6. 川崎哲の「谷本清平和賞」受賞が発表されました
  7. 3月1日-14日 焼津流平和の作り方・市民のビキニデー Vol.…
  8. メキシコでの国際核廃絶デーイベント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP