1.ヒバクシャ証言の航海

メキシコシティで証言会を行います

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

9月18日、エルサルバドルから2名の被爆者(池田昭さん、宮田隆さん)が船を一時離脱して、メキシコシティに2日間滞在するプログラムに出ました。ユース非核特使の瀬戸麻由さんや、レポーター役を務めているアリ・ビーザーさんも一緒です。東京からは川崎哲が空路、合流します。

メキシコは、今年3月のオスロ会議を引き継いで、来年2月に第2回の「核兵器の非人道性に関する国際会議」を開くなど、核廃絶にとても熱心な国です。一行はメキシコ外務省を表敬訪問するとともに、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のメキシコ・メンバーらが受け入れとなる証言会で話します。証言会は、現地時間9月20日午後、メキシコシティの中心部、外務省の建物の隣にある博物館にて開催されます。詳細は以下の通りです。

日付:2013年9月20日(金)
時間:16:30~18:30
場所:Museo de memoria y tolerancia
(上の写真が、証言会のチラシです)

メキシコシティでの活動の様子は、追ってお知らせします。
翌9月21日(国際平和の日)のマンサニージョにおける諸行事の案内は、先の投稿にあるとおりです。
(ピースボート 川崎哲)

関連記事

  1. ウラン産出国オーストラリアと核拡散問題
  2. 朝日新聞(9月13日)に第7回「証言の航海」帰国報告が紹介されま…
  3. 「おりづるユース特使」発表・ご挨拶 記者会見@広島
  4. 船内企画報告『原爆ってなぁに?』『証言報告会 inアジア』
  5. シンガポールでの寄港記者会見の様子/日本語訳
  6. 大募集!!第4回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」参加希望者
  7. ベネズエラのマドゥーロ大統領に、核廃絶を直接申し入れました
  8. インド~大歓迎の国~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP