1.ヒバクシャ証言の航海

メキシコシティで証言会を行います

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

9月18日、エルサルバドルから2名の被爆者(池田昭さん、宮田隆さん)が船を一時離脱して、メキシコシティに2日間滞在するプログラムに出ました。ユース非核特使の瀬戸麻由さんや、レポーター役を務めているアリ・ビーザーさんも一緒です。東京からは川崎哲が空路、合流します。

メキシコは、今年3月のオスロ会議を引き継いで、来年2月に第2回の「核兵器の非人道性に関する国際会議」を開くなど、核廃絶にとても熱心な国です。一行はメキシコ外務省を表敬訪問するとともに、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のメキシコ・メンバーらが受け入れとなる証言会で話します。証言会は、現地時間9月20日午後、メキシコシティの中心部、外務省の建物の隣にある博物館にて開催されます。詳細は以下の通りです。

日付:2013年9月20日(金)
時間:16:30~18:30
場所:Museo de memoria y tolerancia
(上の写真が、証言会のチラシです)

メキシコシティでの活動の様子は、追ってお知らせします。
翌9月21日(国際平和の日)のマンサニージョにおける諸行事の案内は、先の投稿にあるとおりです。
(ピースボート 川崎哲)

関連記事

  1. 第1回参加、森喜代子さんら原爆資料館へ千羽鶴を寄贈!
  2. タヒチ活動報告!フランスの核実験による被害者と交流
  3. 「FUNKIST(ファンキスト)ダンス」が生まれたわけ
  4. 厦門大学での交流、大成功
  5. 被爆者の方と旅した私の56日間
  6. 第2回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」プロジェクト参加者を紹介…
  7. ブリュッセル〜核の傘の国で〜
  8. トルコ・ディキリでの即席「青空」原爆資料展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP