3.核廃絶へのいろいろな動き

メキシコでの国際核廃絶デーイベント

2011年6月25日、国際核廃絶デーに、メキシコのマンサニージョに寄港した
ピースボートは、マンサニーショ市内の大学で核廃絶を訴えるイベントを行いました。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
国際核廃絶デーの説明、そしてピースボートおりづるプロジェクトの取り組みについて説明。

会場では、映画「フラッシュ・オブ・ホープ」の上映、そして広島、長崎への
原爆投下とその被害に関する資料の展示が行われ、多くの学生が関心をもって
見ていました。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
担当スタッフも質問攻めに。

参加した学生からは、「核兵器の本当の恐ろしさを初めて知った。
これから、自分にできることを探していきたい」との声がありました。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
核兵器廃絶へのメッセージを書いたバナーの前で。

感性の強い学生が、映像や写真、資料を通して遠い日本で起きたことを
知り、それが今現在世界の核兵器を取り巻く状況への関心へと
つながって行くことを強く願います。

(渡辺里香)

ピースボート公式クルーズレポートはこちら

関連記事

  1. 市民講座「世界遺産<ビキニ>から拡がる死の灰」
  2. おりづるデー
  3. 2月8日(日)「核兵器の廃絶に立ち向かう ~国際人道法の挑戦~」…
  4. 日本、NPTの核不使用声明へ署名拒否
  5. 平均年齢76歳ヒバクシャ、非核特使予算ゼロ?、広島平和祈念式典の…
  6. 西オーストラリア非核連合の集会
  7. メキシコ在住被爆者山下泰昭さん 出身地長崎で初めて半生を語る
  8. 【本日!@広島】核の非人道性メキシコ会議の報告・来月のNPDI広…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP