1.ヒバクシャ証言の航海

スイスで写真と被爆証言が展示されます(7月31日ー8月10日)

第7回おりづるプロジェクトの一部に参加してくださった、スイスの写真家トーマス・ズガーさんは船旅で8人の被爆者に出会い、証言を聞き、心から感銘を受けました。そして、乗船中に撮影した写真を元に、2014年7月31日から8月10日までスイスのチューリッヒで写真展を開催します。

参加被爆者8名の白黒ポートレート写真と証言の一部が、スイスの多くの人の目に触れるまたとないチャンスです。

当初、6月終わりから7月頭にかけての開催予定でしたが、原爆のことを知り、広島、長崎のことを知るうちにせっかくなら8月6日と8月9日を開催期間に含めようということで、開催期間が変更されました。

「私の写真で、被爆者の方々の真の姿を見せられたらと思うと同時に、彼らの人生と経験が忘れられないようにしたい」とトーマスさんは話しています。
Thomas Photo
写真展のウェブサイト: http://www.photobastei.ch/exhibition-details/598

以下は、トーマスさんが撮った寄港地での証言会の様子(一部)です。

関連記事

  1. 情熱と音楽に酔いしれて in カラカス&ラグアイラ
  2. 5月2日の読売新聞 アメリカの高校生に被爆語る長崎の計屋さんが取…
  3. 船内での活動を振り返って
  4. 朝日新聞連載「証言の航海」第二弾★
  5. エルサレム「嘆きの壁」で核廃絶を祈りました
  6. 市民から中央政府へ@スペイン
  7. 「FUNKIST(ファンキスト)ダンス」が生まれたわけ
  8. おりづる始動から約1週間経過・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP