7.おりづるプロジェクト・オンライン

【イベント】とどけ被爆者の声!~世界を動かす、おりづるプロジェクト

=====================================

核兵器禁止条約採択4周年記念イベント

とどけ被爆者の声!~世界を動かす、おりづるプロジェクト

=====================================

2017年7月7日、核兵器禁止条約が国連で採択されました。この条約を作るのに貢献したのが広島・長崎の被爆者でした。「生きているうちに核兵器のない世界を実現したい。」と願い、訴えてきたことが実を結んだ、と涙しました。しかし、核保有国は核を手放そうとせず、新たな軍拡競争の兆しさえみえます。だからこそ、コロナ禍でも世界に被爆者の声を届けようと、オンラインでこれまでに24か国に向けて証言会を行いました。

この報告会では、被爆者、海外でたくさんの人を集め受け入れてくれた方々、被爆者の声を世界に届けようと関わっている若者や通訳者が生出演し、証言会の様子を紹介し、オンラインならではの新しい発見、感動を共有します。NPT再検討会議、禁止条約締約国会議を前に、もう一度被爆者の声の重要性について考えます。

なお、終了後には記者会見を行います。

ご希望の方は、下記Zoom事前登録フォームからお申し込みください。

ーーーーーーーーーーー 記 ーーーーーーーーーーー

【タイトル】とどけ被爆者の声!~世界を動かす、おりづるプロジェクト
https://peaceboat.org/37857.html
【日時】2021年7月7日 (水) 19:00-20:30
【配信形式】Youtubeライブ配信。下記リンクより視聴ください。
https://www.youtube.com/watch?v=swYAMm8cM4M
【登壇者】
・被爆者:三宅信雄さん、宮田隆さん、和田征子さん、東野真里子さん
・海外の証言会受け入れパートナー
ウェイン・キジナーさん(マーシャル諸島学生団体(MISA)代表)
国本隆史さん(ドイツ在住の映像作家。『ヒバクシャとボクの旅』制作)
アグスティン・サイスさん(アルゼンチンのNGO・Our Voice核問題コーディネーター)
クリステル・バラカットさん(レバノン出身、軍縮のための国連ユースチャンピオン・メンバー)
ロレータ・カストロさん(フィリピンのミリアム大学平和教育センター長)
・おりづるプロジェクト担当
渡辺里香(ピースボート)、川崎哲(ピースボート共同代表/核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)
【参加費】無料(申込不要)

===記者会見申し込みはこちら===

イベント終了後、おりづるプロジェクトに加え、核兵器禁止条約やICANの動向全般についての質問にお答えします。

【時間】2021年7月7日 (水) 20:40〜
(イベントの終了時間によって、変更になることがございます。イベント終了時にお知らします)
【申込】こちらからお申し込みください:
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZEkcuqoqzovHdITyPl7iYGIOLx_ktBt_vbM
登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。
【会見出席者】
川崎哲(ピースボート共同代表/核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)
渡辺里香(ピースボート)
【お問い合わせ】pbglobal@peaceboat.gr.jp  (担当:松村)

関連記事

  1. チリに住む日系人として、学ぶことがたくさんある
  2. 被爆者の記憶から学び、オーストラリアや日本が批准するよう声をあげ…
  3. 客人をもてなすのが大好きなジョージアに迎えられて
  4. 「いったん戦争が始まってしまうと、苦しむのは国民」と米国・ペンシ…
  5. 核兵器禁止条約に貢献したメキシコに感謝
  6. ベネズエラ・ラグアイラ市長の言葉が、証言を始めるきっかけ
  7. 未だ150の核弾頭を保有するインドの人にも知って欲しい
  8. 人災を経て繋がる ~広島とレバノン~
PAGE TOP