7.おりづるプロジェクト・オンライン

  1. 核の被害を受けたマーシャルと日本、協力できることは

    4月30日、第25回目のオンライン証言会を行いました。今回は、フィジー在住のマーシャル諸島出身の学生で構成される団体MISA(Marshall Islands Student Associationマーシャル諸島学生団体)の皆さんとともに、…

  2. 「母は認知症になって、やっとあの「原爆の日」から解放されたのです」@スペインの国際シンポジウム

    第24回のオンライン証言会は、スペインの人道研究世界センターが企画した「人権に関するオンライン国際シ…

  3. オランダの国会議員に向けて被爆体験を語った時、「心こそ大切」との強い思い

    朝と夜、2回の証言会が行われた4月15日、夜の会は第23回証言会としてオランダのライデン大学の皆さん…

  4. 「昔よりはるかに威力を増した原子爆弾が存在しています。」米国ノースカロライナの大学生に

    4月15日に第22回目のオンライン証言会を行いました。今回はノースカロライナ大学の皆さん約40名と共…

  5. アルゼンチンで皆さんと語り合いたい。長崎、広島で亡くなった人たちの魂にも触れてほしい。

    第19回目の証言会は、4月12日アルゼンチンのNGO、Our Voice Movementとの開催で…

  6. 被爆者の記憶から学び、オーストラリアや日本が批准するよう声をあげましょう!

  7. 「いったん戦争が始まってしまうと、苦しむのは国民」と米国・ペンシルバニア大学の学生に

  8. 日米の学生に向けて「放射能が原因で苦しむのは私たちで充分」

  9. イギリスの皆さん、核兵器「廃絶元年」おめでとうございます

  10. 莫大な費用で核兵器を作っているインド。一人一人が考え動くことが大切

  11. インド出身のアンキタさん「核兵器をなくすためには、被爆者の声に真摯に向き合うこと!」

  12. アメリカ人である私も、この歴史上の出来事を人間の視点から考えることが大切

  13. 広島で被爆し、ブラジルに移住した渡辺淳子さん

  14. 豪州フリーマントル市長「核兵器禁止条約が発効し、今日が始まりです」

  15. アートの力で核兵器と気候変動に挑む! ~米国などのユースの挑戦~

PAGE TOP