プロジェクトに関わる若者たち

池田昭さん(右)企画の「ヒバクシャの声・長崎」でアシスタントを務めるけいしーこと畑中啓志さん(左)「おりづるプロジェクト」の活動を語る上で、欠かせない存在がある。それが通称「おりパ」と呼ばれるボランティアで、主に20代の若者たちで構…

国連事務総長、核兵器禁止条約に言及

ヒバクシャ、国連で大きな存在感

国連代表団、ニューヨークで活動開始

告知:明日、ヒバクシャ代表団国連イベント

マドリッドでグリーンピースと交流

4名の代表団、バルセロナへ カタルーニャの平和施策に感激

プロジェクトを支える人たち

トルコ・イズミルで地元NGOとの草の根交流

トルコ・ディキリでの即席「青空」原爆資料展

おりづるプロジェクト最高齢ヒバクシャが語る

「ヒバク」でつながるエジプト・カイロでの音楽交流

エリトリア・マッサワに出現した「船内」原爆資料館

若者向けから正統派証言まで、さまざまな船内企画

在韓ヒバクシャが過去、そして現在を語る

世界190か国で被爆証言会 ~おりづるプロジェクト・オンライン~

<2021年9月18日現在>
証言会回数:41

開催国・地域:37
参加者(累計数)*:2954

*当日、ライブでの参加者数。アーカイブ視聴者数は含まれていません。

 

プロジェクト紹介はこちら

 

オンライン証言会の証言と海外参加者からのコメント集はこちら

■2021年9月の開催場所:

スウェーデン、東アフリカ地区、ベトナム、キューバ

■2021年10月の開催場所:

ソロモン諸島

 

<これまでの開催国・地域(五十音順)>

アメリカ合衆国、アルゼンチン、イギリス、インド、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、オーストラリア、オランダ、ガーナ、カメルーン、ギニア、キルギス、ケニア、コートジボワール、コスタリカ、コロンビア、ジョージア、スペイン、チリ、ドイツ、ナイジェリア、日本、フィリピン、フランス、ブルキナファソ、ベトナム、マーシャル諸島、マレーシア、マリ、メキシコ、モンゴル、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、レバノン

カテゴリー検索

アーカイブから検索

PAGE TOP