豪州フリーマントル市長「核兵器禁止条約が発効し、今日が始まりです」

2021年1月22日ピースボートの「おりづるプロジェクト・オンライン」第11回目の証言会は、西オーストラリアのフリーマントル市にて開催しました。ブラッド・ペティット市長、並びに副市長、平和首長会議加盟都市・コックバーン市のラ・フレネ市長…

アートの力で核兵器と気候変動に挑む! ~米国などのユースの挑戦~

「核兵器禁止条約」発効を前に 被爆者が日本政府に参加求めました

非核地位を確立しているモンゴルに、核兵器禁止条約への尽力をお願い

日本が禁止条約に参加していないのは残念 ~エクアドルの学生に~

「被爆証言が核軍縮に貢献している。可能なうちに耳を傾けて」と国連軍縮部

歴史や現在を多角的な視点で理解したい~創価大学と福岡教育大学~

コロンビアなどのロータリーフェローに、「核兵器禁止条約をサポートしてください」

核兵器禁止条約に貢献したメキシコに感謝

核兵器禁止条約に批准したことはマレーシア市民の誇り

未だ150の核弾頭を保有するインドの人にも知って欲しい

「本物に触れ、感情を大切にし、行動する」を学ぶ ~東海大学付属静岡翔洋高校~

バラ「ICAN」のいま ~広島バラ園を訪ねて~

創価大学の留学生会と国連クラブと考える「核なき世界」

「軍縮教育 ピースボートの方法論」 が国連から出版されました!

世界190か国で被爆証言会 ~おりづるプロジェクト・オンライン~

<2021年6月10日現在>
証言会回数:31

開催国・地域:23
参加者(累計数)*:2236

*当日、ライブでの参加者数。アーカイブ視聴者数は含まれていません。

 

プロジェクト紹介はこちら

 

■2021年6月の開催場所:

オーストラリア、レバノン、ジョージア

■2021年7月の開催場所:

ドイツ

 

<これまでの開催国・地域(五十音順)>

アメリカ合衆国、アルゼンチン、イギリス、インド、ウルグアイ、エクアドル、オーストラリア、オランダ、キルギス、コロンビア、スペイン、チリ、ドイツ、日本、マーシャル諸島、マレーシア、メキシコ、モンゴル、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、レバノン

カテゴリー検索

アーカイブから検索

PAGE TOP